皆様、新年明けましておめでとうございます。こうして無事に新たな年を迎えることができましたのも、当団に関わる沢山の方々のお陰であると深く感謝いたします。
 
 去る2021年も新型コロナウイルスに翻弄される一年となりました。度重なる緊急事態宣言の発令により多くの公演を中止・延期せざるを得ない状況となりました。そんな折、経営基盤の立て直しを図るために挑戦したクラウドファンディングでは300万円を超えるご支援をいただきました。改めまして感謝申し上げます。
 
 また、音楽監督であった木村𠮷宏氏、レコーディングのディレクターとしてお世話になった森田一浩氏、そして法人発足時に理事としてご協力くださいました丸谷明夫氏と、オオサカンの発展にご尽力いただいた方々がご逝去されました。謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心よりご冥福をお祈りいたします。
 
 さて、今年7月にはこれまでの海外での実績が実を結び、当団3度目となる海外公演として、音楽の本場ヨーロッパでのツアーが予定されております。新型コロナウイルスの感染状況を注視しながらとなりますが、無事に実施できることを切望しております。
 
 最後になりますが、一日も早い新型コロナウイルス感染症の終息と、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
 
 

特定非営利活動法人
フィルハーモニック・ウインズ 大阪
理事長兼正指揮者 松尾共哲