皆様、新年明けましておめでとうございます。こうして無事に新たな年を迎えることができましたのも、当団に関わる沢山の方々のお陰であると深く感謝いたします。ありがとうございます。
 
さて、昨年1月に国内で初めての新型コロナウイルス感染者が発表されて以降、今もなお猛威を振るい感染終息はまだ見えません。当団も20周年を締めくくる第28回定期演奏会が中止となり、その後の第29回定期演奏会も中止せざるを得ない状況となりました。
 
8月以降少しずつではありますが、これまでとは開催形態を変更し公演を再開してまいりました。また新たな試みとしてリモート企画やライブ配信なども積極的に実施いたしました。
 
コロナ禍において芸術は「不要不急」かもしれませんが、「必要不急」であると信じて今年も感染防止対策を講じながら公演を行ってまいりたいと思います。
 
最後になりますが、一日も早い新型コロナウイルス感染症の終息と、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
 
 

特定非営利活動法人
フィルハーモニック・ウインズ 大阪
理事長兼正指揮者 松尾共哲